食品科学科

食品科学科の 実験&実習紹介

安全・安心な食品提供の為の基礎知識、技術、態度を身につけるとともに、地域社会に貢献できる人材を育てる。
食品科学科
紹介画像
学習内容
 1年生は「農業と環境」と「食品化学」を中心にして、食品製造の原料となる農作物の栽培と加工、食品成分分析の基礎について学習します。
 2年生からは、より専門的な授業内容になります。食品製造に必要な知識と技術を習得し、食品の特性、加工原理を学び、品質と生産性の向上について学習を深めます。また、微生物の種類、培養について学習し、農業や食品製造に応用できる微生物利用の知識、技術の習得を行います。また、成分分析、微生物利用実験を通じて特産品開発の学習も行います。
専門科目
「農業と環境」
大豆や瓜など、加工食品の原料となる農作物の栽培や、収穫した農作物利用した加工実習

「食品化学」
食品成分の種類や性質に関する学習と、成分の基礎的な分析実験

「微生物利用」
微生物の種類や食品製造への利用に関する学習と培養、衛生検査実験

「食品製造」
肉、穀物などの食品原料としての性質や食品の製造方法、保存、品質についての学習

「農業情報処理」
コンピュータの基本的な操作方法や、情報収集や情報発信の手段について学習

「製菓」(学校設定科目)
製菓・製パンの方法に関する学習
取得可能な技能・資格

危険物取扱者 乙種・丙種

日本農業技術検定

フォークリフト

ガス溶接、アーク溶接

小型車両系建設機械

日本語ワープロ検定・情報処理技能検定(表計算)

総合実習

1年生

苺ジャム、ビスケット、豆腐を中心とした加工品を学習します。

2年生

佃煮、奈良漬、みそといった加工品を中心に学習します。

3年生

ハム、ベーコン、鶏の燻製など肉加工品を中心に学習します。

その他

その他に地元の清酒会社での清酒醸造実習、加工品の販売実習などがあります。

教育課程(平成28年度以降入学生)
岡山県立真庭高等学校(久世校地)〜花と緑にやさしい心を〜  〒719-3202 真庭市中島143
TEL (0867)42-0625 FAX(0867)42-2694E-mail maniwa-kuse@pref.okayama.jp